フィランソレイユ笹丘

  • トップページ
  • 新着情報
  • 私たちの想い
  • ご入居プラン
  • お問い合わせ・資料請求
  • 会社案内・施設概要
  • ご入居者の声

食事コーディネーターからのお知らせ

2014年2月9日

名前は”愛のケーキ”です(笑)

   

もうすぐバレンタインということで、今月のキッチンレクでは「チョコレートケーキ」を作りました。まずは、チョコレートを銀紙から取り出して、溶けやすいように小さく割っていきます。割っただけでも、いい香りが部屋一面に広がりました。

 

ベーキングパウダーを使わずに、卵白だけで膨らませるレシピなので、焼き上がるまでちゃんと膨らむか心配です。こう言ってはなんですが「メレンゲの泡をつぶさないように混ぜる」「粉を入れたら、さっくりと混ぜる」というのが、80~90歳のご入居者にはとっても不慣れな工程なのです。その代わり「よ~く混ぜる」「よ~くこねる」は、とってもお上手です。

 

「このケーキはなんて名前?」

「そうですね~。なんと名付けましょうか?」

「バレンタインだから、”愛のケーキ”!」

 

こんな会話を楽しみながら、ケーキが焼き上がる頃には、また一段とよい香りが、今度は部屋を飛び越えてフロア中に広がります。

 

バレンタインと言えば、今は自分へのご褒美チョコを買う人も増えたとか。時を越えてスタイルが変わるって、当たり前かもしれません。でも、ある日、誰かが始めたことが、いつの間にか日本中に広まっていくって、面白いです。50年後のバレンタインのスタイルって、どんなでしょうね。

 


ページトップに戻る