フィランソレイユ笹丘

  • トップページ
  • 新着情報
  • 私たちの想い
  • ご入居プラン
  • お問い合わせ・資料請求
  • 会社案内・施設概要
  • ご入居者の声

食事コーディネーターからのお知らせ

2012年2月16日

オンリーワンの肉じゃが


お部屋でヘルパーさんと肉じゃが作り
肉じゃがは家庭料理の代表です。フィランソレイユで食事を提供し始めて「美味しさって何だろう」とよく考えるようになりました。ご入居者のお話をお聞きしながら「食べなれた、作りなれたご自分の味、家庭の味こそ、一番の美味しさなのかなぁ」と感じています。

 

今日は、99歳のご入居者がヘルパーさんと作った肉じゃがをご紹介します。朝から買い物リストを作成。包丁、まな板、お鍋にふきんを準備して、最後にご自身で縫った前掛けをしめ・・「もう何十年も料理してないから、ちゃんと教えてね」とちょっとソワソワ。料理のベテランとはいえ、99歳にもなるともう何十年も料理してない、それもそうですね・・・そんなご入居者が料理をする-想像するだけでもワクワクしました。

 

今日はお料理初日のため、少しご遠慮されたのでしょうか。少し離れたところからそっと見ておられました。それでもお部屋に立ち込める肉じゃがの香り・・・フィランソレイユにご入居されて初めてのことだったと思います。準備を整え、料理をし、香りが立ち込め、お気に入りのお皿に盛り付ける。食事の時間になると「一緒に食べようよ・・・」-これこそ生活そのものだと感じたものでした。

「食べること」って素晴らしいです。

 


ページトップに戻る