フィランソレイユ笹丘

  • トップページ
  • 新着情報
  • 私たちの想い
  • ご入居プラン
  • お問い合わせ・資料請求
  • 会社案内・施設概要
  • ご入居者の声

食事コーディネーターからのお知らせ

2013年1月29日

ひとつの鍋を囲むということは・・


ひとつの鍋を囲むということは・・・


こういうことかも知れません。

 今月のお料理倶楽部は、寄せ鍋です。このところ寒い日が続きました。お鍋は部屋も温めてくれるので最適メニューです。

 

野菜を思い思いに切り、鶏ミンチで団子を作ります。「(鶏団子の)生姜はね、隠し味程度がいいわよ。生姜が強いと素材の味を消してしまうから」「ゆずの皮は薬味に使おうか。鍋に入れてしまうと香りが飛ぶからね。これは薄く切りすぎよ。香りがしないもの」と、今日も料理屋の元おかみからご指導いただきました。

 

それにしても、同じ鍋を囲むっていいですね。自分の好きなものを銘々に取分けながら、お隣さんへの配慮を忘れません。「あなた、取ってあげようか」「あら、すんません。有難うございます。」89歳、92歳の素敵なつながりです。最近は「疲れたから」と、片付けはスタッフに任せてお部屋に帰られるのですが、今日は皆さんで手際よく。食器を重ねて運ぶ方、洗う方、流す方。そのうしろ姿、20歳は若く見えました。

 

そしてデザートは金柑。手を伸ばしながら「みかん、きんかん、酒のかん。親はせっかん、子は聞かん」そういえば去年もそんな話をしながら食べたなぁと思った瞬間、「あ~、きんかん初めて食べた」と(笑)1年前はもう一昔ですよね。また、来年も一緒に食べましょう♪

 

 


ページトップに戻る