フィランソレイユ笹丘

  • トップページ
  • 新着情報
  • 私たちの想い
  • ご入居プラン
  • お問い合わせ・資料請求
  • 会社案内・施設概要
  • ご入居者の声

食事コーディネーターからのお知らせ

2014年7月29日

「本日、土用の丑の日」

  「本日、土用の丑の日」

この張り紙が店頭に張り出されたのは、江戸時代。蘭学者平賀源内が、商売あがったりのうなぎ屋の為に書いたとのこと。そのおかげで、うなぎ屋は大繁盛。土用の丑の日にうなぎを食べる習慣の始まりだと言われています。

 

今日は、鹿児島産のうなぎをご用意しました。肉厚で、ふんわり。

「吉塚うなぎみたいだったわよ!」

「土用の丑にうなぎが食べれてよかったぁ~」

「来年はもう食べれんかもしれんから、フフフフフ(笑)」

「今日うなぎを食べたから、この暑さを乗り切って、また来年も食べましょう」

お食事の後も賑やかで、お部屋へ帰る足取りも軽やかに見えました。

七草粥や冬至のかぼちゃ、そして土用の丑のうなぎ・・・

日本には、季節を感じながら、健康を大事にする「食文化」があり、歴史を経て今も受け継がれています。遠い昔も「うなぎを食べて、暑さを乗り切ろう!」なんて話していたかもしれません。まさか、30℃を超える夏が来るなんて、想像もしなかったでしょうが(失笑)

 

皆さん、うなぎを食べて、この夏を乗り切りましょうね。

 

 

 

 

 


ページトップに戻る